ZIPPO(ジッポー)のガスライター化!方法とメリットを解説

ZIPPO(ジッポー)のガスライター化!方法とメリットを解説|男の雑学

 

世界中にファンが多いオイルライターのZIPPO(ジッポー)。しかし現代においてオイルライターはストレスが多く、ジッポーの形やデザインは好きなんだけどオイルってのが難点と思う人も多いと思います。ここではそんなジッポーのガスライター化の方法やメリットを解説しています。

ZIPPOは意外とストレスが多い

ZIPPO(ジッポー)のガスライター化!方法とメリットを解説|男の雑学

 

世界各国で愛されるオイルライターのZIPPO。しかしオイルライターの性質上メンテナンスが欠かせないライターです。

 

メンテが面倒、オイル臭い、手が汚れるなどの理由から今までZIPPOの購入を諦めていた人もいるかもしれません。

 

そんなZIPPOは気になるけどオイルやメンテが苦手と言う人は、インサイドユニットをガス式に換装してみましょう。

ZIPPOのガスライターユニット

ZIPPO(ジッポー)のガスライター化!方法とメリットを解説|男の雑学

 

ZIPPOは分解すると、ケースとインサイドユニットの2つに分ける事ができます。

 

ZIPPO(ジッポー)のガスライター化!方法とメリットを解説|男の雑学

 

このインサイドをガスライターユニットに換装すれば、オイルやフリント(火打ち石)を補充しなくてもZIPPOライターが使えるようになります。

ガス化のメリットとは?

ZIPPO(ジッポー)のガスライター化!方法とメリットを解説|男の雑学

 

このガス化のメリットは意外に大きいので、下記で詳しく紹介しておきましょう。

 

風に強くなる

ZIPPOを含むオイルライターは風に弱く、火力の調整ができない為、強風に煽られると火が大きくなりますよね?

 

その火で火傷したり、ビックリしてライターを落とす事もあります。さらに火事の危険もあると言えるでしょう。

 

しかしガス化にすれば、このトラブルともオサラバできるのです。

 

オイル・フリントの補充がない

ガス化で最大のメリットは、オイルとフリント(石)の補充がない事。

 

勿論ガスがなくなった場合は補充が必要ですが、オイルに比べたらストレスも少ないので非常にスマートにZIPPOを使う事ができます。

 

手が汚れない

上記のオイルとフリントの補充でもう一つ難点だったのが、手が汚れると言う事。

 

ZIPPOを使った事がある人なら理解できると思いますが、オイルの匂いが手に着いて取れなかったり、削れた石で手が黒くなるのはストレスが大きいと言えますが、ガス化をすればこのトラブルから一気に解放されます。

ガスライターユニットはAmazonで簡単に買える

ZIPPO(ジッポー)のガスライター化!方法とメリットを解説|男の雑学

 

アマゾンで買えるZIPPOガス化ユニット

 

上記のガスユニットを購入し、手持ちのZIPPOに指してみましょう。

 

念のために言っておくとユニットはレギュラーとアーマーにフィットするサイズです。

 

ZIPPO(ジッポー)のガスライター化!方法とメリットを解説|男の雑学

 

ZIPPOを持っていない人は?

上記のガスユニットは、インサイドのみなので、元々ZIPPOを持っていない人は別にケースを購入する必要があります。

 

どうしても好きなデザインがあるなら、購入してインナーを取り換える必要がありますが、とりあえずガス式のZIPPOが欲しいならケースのみを購入してみましょう。

 

ZIPPOの外側ケース

 

記事まとめ

ZIPPO(ジッポー)のガスライター化!方法とメリットを解説|男の雑学

 

いかがでしたでしょうか?

 

ZIPPOは非常に手に馴染むライターですが、メンテナンスでストレスが多いライターとも言えます。

 

そんなZIPPOのデメリットを解消できるのがガスライター化と言えるでしょう。