ピンサロで「今日は女の子の日なので」と言われた!その言葉の意味とは?

ピンサロで「今日は女の子の日なので」と言われた!その言葉の意味とは?

 

ピンサロで「今日は女の子の日なので」と言われた!その言葉の意味、そして裏に隠された本当の意味を解説しています。

 

皆さんはピンサロで「今日は女の子の日なので」と言われた事はありますか?ピンサロに通う人なら絶対に経験があるはず。そんな時はどうすれば良いのでしょうか?

「今日は女の子の日なので」の意味とは?

ピンサロで「今日は女の子の日なので」と言われた!その言葉の意味とは?

 

ピンサロで女の子に「今日は女の子の日なので」と言われたら「今日は生理中なので下半身タッチはNG」という意味になります。

 

そもそもピンサロは、挿入や素股プレイがないので、生理中の出勤を認めている店が殆ど。

 

その為、運悪く生理中の女の子に当ったと下半身タッチは諦める必要があります。

 

しかし、この「今日は女の子の日なので」という言葉には隠された本当の意味がありますので、下記で解説していきましょう。

 

隠された本当の意味とは?

ピンサロで「今日は女の子の日なので」と言われた!その言葉の意味とは?

 

まず、前置きとして「本当に生理中である可能性もある」事を覚えておいてください。

 

しかし、この言葉は女の子の都合で使われてしまう可能性が高いので、隠された意味を知っておきましょう。

 

一見客には触って欲しくないと言う意味

女の子が「今日は女の子の日なので」と言う理由で一番多いのがコレ。

 

ピンサロは時間が短いため、客も女の子も十分なコミュニケーションが取れまい状態でプレイに突入しなくてはいけません。

 

その為、女の子は「乱暴にされたら怖い」という気持ちと戦っているはず。

 

つまり、客が乱暴する可能性があるのにデリケートゾーンを触らせたくないのが本音で、女の子なりの自衛手段と言えるかもしれません。

常連になったら触らせてあげるの意味

これは、勿体ぶって次も指名させようというパターン。

 

その為、プレイ終了後は「次はもっといい事しましょう」と耳打ちしてきたりします。

 

これも、働く女の子からすれば営業手段の1つと考えて、その子が気に入ったら次も指名してあげてください。

 

どうしても触って欲しくないの意味

さて、最後は私の私的見解。

 

ピンサロに通っていて不思議なのが、上記2のパターンに当てはまらない女の子。

 

これは、ただ単純に仕事や客を舐めていると推測できます。

 

私は、この不可解なパターンの女の子に当った場合、次に指名する事はありません。

 

この様に「今日は女の子の日なので」は別の意味があると言う事を理解していただけたでしょうか?

 

それでも女の子の下半身に触りたい人は下記の項目を参考にしてください。

 

下半身タッチ(手マン・クンニ)がしたい人は?

ピンサロで「今日は女の子の日なので」と言われた!その言葉の意味とは?

 

折角ピンサロに来てお金を払うんだから最大限に楽しみたいと考えるのは当たり前ですよね?

 

しかし女の子に下半身タッチを断られる可能性を減らす方法は以下となります。

 

店員に聞く

まず一番確実なのが、指名した女の子が生理中なのか否かを店員に聞いてみましょう。

 

店員は女の子の生理情報を共有していますので、聞けば答えてくれるはずです。

 

また、気の利く店員なら「この女の子は生理中ですがよろしいでしょうか?」と助言をしてくれます。

 

つまり、店員に「生理ではない」と聞いていたのに「今日は女の子の日なので」と言われた場合、上記の隠された意味になるのです。

 

女の子と仲良くなる

ピンサロは、女の子と会ってからプレイに入るまでの時間が短く、十分なコミュニケーションをとる時間がありません。

 

その為、中々難しいと言えますが、少ない時間の中で最大限女の子と仲良くなる施策を考えておきましょう。

 

  • 写真より可愛いね
  • HPで見た時から気になってやっと会えた

こんな感じで女の子を褒めたりすると効果的です。

 

記事まとめ

ピンサロで「今日は女の子の日なので」と言われた!その言葉の意味とは?

 

いかがでしたでしょうか?

 

正直言えば、女の子慣れ、風俗慣れをしている人の場合、女の子が本当に生理中であれば血の臭いで分かります。

 

しかし、ピンサロでスマートに遊ぶのであれば、女の子の言ってる事を聞いてあげるのも男のマナーかも知れません。

 

その為、上記の不可解なパターンを除き、ピンサロで働く女の子には優しく接してあげてください。